転勤による売却相談
こんなことで
お困りでは
ないですか?
  • 転勤が決まったが家のローンが残っている
  • 引っ越し後、誰も住む人がいない
  • 当分家を空けるから大丈夫か不安…
  • 売りに出すのと賃貸に出すのはどっちがいいの?
  • マイホームをこっちと向こうで2つ持てるの?

ハッピーハウスでは転勤に伴う不動産売却のご相談が可能です。

ハッピーハウスでは転勤に伴う不動産売却のご相談が可能です。
会社員であれば、会社から転勤を命じられることがあります。
転勤による不動産売却で一番大切なことは、本当にマイホームを売却しなければならないのかどうかの判断です。
転勤における不動産売却以外の選択肢としては、親族に管理をお願いしたり、第三者へ賃貸に出す方法があります。戸建てでもマンションでも、賃貸に出すといくらの賃料になるのか、不動産業者に相場を査定してもらうと良いと思います。その賃料で、住宅ローンを支払っても残りがあれば、売却をしなくても良いかもしれません。
ハッピーハウスでは、不動産のプロがまず売却しなくても良い方法を提案してくれます。その上で、どうしても売却しなければならないのであれば、できる限り高く売却できる方法をおすすめしてくれます。転勤で売却するのであれば、タイミングも重要です。国内転勤であれば、空き家になってから売却(必要であればリフォームも)した方が高く売却できます。しかし、海外転勤であれば日本にいる内に手続きを完了させた方が良いと思います。転勤の状況によって、おさえるポイントが異なるので、ぜひプロのアドバイスとサポートを受けてみてください。
ハッピーハウスの強み

当社の強みをご紹介いたします

point 01

最適な方法をご案内!

転勤の際、売却だけでなく、定借での賃貸など、転勤の実情に応じた選択肢の中から、最適な不動産活用を選ぶことができます。
point 02

売却後のメリットをご案内します!

住宅ローンの支払い中の物件であっても、買替えローンを活用して元のマイホームを売却し、転勤先のマイホームを購入することができます。
point 03

全日本不動産協会のネットワークを活用!

全国組織である全日本不動産協会のネットワークを活用して、遠方の物件であっても売却や買替えに対応してもらうことができます。

 当社にご相談いただいた事例を紹介致します