住宅ローンの支払不能による売却事例
  • 手持ちの資金はほぼゼロ。途方に暮れてました・・・

    相談内容

    協議離婚が成立し、すでに使用していないマイホーム。ご相談者は、すでに別のところに賃貸で暮らしています。金銭的に余裕が全くないため、住宅ローンを支払っておりません。銀行からは何度か電話があったものの、無視していたところ、代位弁済の通知が来てしまいました。手持ちの資金はほぼゼロ。どうやっても支払えない住宅ローン、全く使っていないマイホームをどうしたらよいのか途方に暮れていたところ、たまたまWEBでハッピーハウスを見つけ、相談に来てくださいました。

    解決策

    住宅ローンの残債に対して売却価格が1,000万円弱足りません。現在の就業状況を考えても返済の見込みがないため、苦渋の選択でしたが、自己破産を前提とした任意売却で処理をすることにしました。金融機関と何度も協議を重ね、任意売却で処理することに合意をもらいました。売却価格に関して、今回のケースではどうせご相談者には金額が残らないので、スピードを重視し、かなり思い切った価格を金融機関に提案し、納得してもらいました。おかげさまですぐに買取業者から購入申し込みをもらいました。取引はスムーズに進み、ご相談者からは、とにかく肩の荷が降りて楽になったと喜んでもらえました。

    手持ちの資金はほぼゼロ。途方に暮れてました・・・