相続による売却事例
  • 建物の老朽化が激しく売却できるのか?不安でした・・・

    相談内容

    ご相談者のお父様が2年前に他界されて、生前、お父様が自宅兼事務所として使用されていた横浜市内の一戸建てを相続されて、しばらくそのままになっている状態でした。ご相談者のお姉様がお父様の事業を引き継がれたのですが、コロナ禍で業績が厳しくある程度まとまった現金が必要となったため、ご使用されていない自宅兼事務所を売却することになりました。しかし、物件は崖地にあり、境界等の確認は専門家でなければ不可能な状態。また、建物の老朽化が激しく、再建築にあたっての建築確認の条件をも難しく、さらに水道管は隣地の配菅が本地を経由していました。

    解決策

    擁壁の見積が難しいこと水道管の越境問題を解決しなければならないこと等を考慮し、一般消費者への販売をあきらめ、売却後にトラブルが起こらないことを優先して、買取業者へ更地として売却するご提案を致しました。結果、造成が得意で水道管の越境を許容してくれる買取業者を探し出すことができ、無事、売却が成立。ご相続人には、価格は下がるもののトラブルが起きない方法で売却できたこと、事業資金を調達できたことを、とても喜んでいただけました。

    建物の老朽化が激しく売却できるのか?不安でした・・・
  • 3,000万円の特別控除を使いたい

    相談内容

    老人ホームに入居されていたお父様が亡くなられ、空き家になった実家を更地にして売却した事例です。建物が軽量鉄骨造でとてもしっかりしていたので、当初、簡単なリフォームをして中古戸建てとして販売をする予定でした。しかし、相続した空き家の3,000万円の特別控除を適用させるため、耐震診断をしたところ、後付けの地下車庫が問題で耐震適合証明書が発行できませんでした。特別控除がないと譲渡所得が発生し、およそ20%の税金がかかるケースでした。

    解決策

    建物が軽量鉄骨造で、建築確認未取得の地下車庫が付属していたため、耐震診断をあきらめ、更地としての売却を提案。解体費は約400万円かかるものの、3,000万円の特別控除で約600万円を節税できます。特別控除が使えない中古で販売するよりも、トータルで手残り金額が多くなります。また、実際の解体作業は、買い手が見つかってから行うようにして解体費用の支払いを物件の引き渡し時に合わせることで、ご相談者からの手出しが無いようにしました。更地なので早く売却でき、手残りも多くなって、ご相談者からとても喜ばれました。

    3,000万円の特別控除を使いたい
  • 相続したマンションを自分の娘へ親族間売買

    相談内容

    独身の妹が急逝し、お姉さんがそのマンションを相続。お姉さんのところには成人した娘が居て、その娘にちょうど良いとのことで相続したマンションを譲ることになりました。その際の問題は税金。贈与すれば当然ながら多額の贈与税がかかります。また、売買契約にするとしても、いくらにすれば適正なのかがわかりません。どのように娘に相続したマンションを引き継げば一番良いのか、総合的に判断をしてもらいたいとのことで相談を受けました。

    解決策

    相談者であるお姉さんも娘からお金が欲しいわけではありません。ただ、税金として多額のお金を支払うのはもったいないと考えていました。そこで、相続税の評価額相当で不動産売買契約を結び、住宅ローンを使用して低金利下での住宅ローン控除を活用することを提案しました。お姉さんとしても、娘さんの自立を促すためにある程度住宅ローンを組ませるのは良いのではと納得してくれました。今後は、贈与税の基礎控除の枠を使って、お姉さんから娘さんへ便宜をはかります。実質的に無駄なく相続したマンションを引き継がせることができ、とても満足してもらえました。

    AdobeStock_216066923
  • 相続した不動産を一括で高値売却

    相談内容

    老人ホームに入居していた親が亡くなった後に姉もすぐに亡くなくなりました。姉は親のお世話のために同じマンション内に物件を購入していたため、相続した不動産は同一マンション内の2区画。相談者は仕事で海外に出ることも多く、あまり時間をかけることが出来ないので、まとめて手早く不動産売却できる方法で、処分をしたいとのご希望でした。駅からは離れたマンションで、現在売却に出ている区画も多く、どのようにするのが一番よいのか教えて欲しいとのことでした。

    解決策

    まず、不動産の相場を調べたところ、売却物件の数も多く、売却された事例の占有面積の平米単価もどんどんと下がっているマンションでした。親が住んでいた区画は室内でタバコを吸っていたので大幅なリフォームが必要でしたが、仮に大幅にリフォームをしてもそれ以上の高く売却できそうもありません。そこでリノベーションをして再販している不動産業者に2区画を一括で買取してもらうように交渉をしました。買取業者にしても、仕入れの手間を考えると一括購入は良い話だったので、一つ一つ売却する当初の金額よりも高値で売却をすることができました。相談者には手間もかからず、売却の金額も高かったのでとても喜ばれました。

    AdobeStock_282526384