売却事例
  • 相続したマンションを自分の娘へ親族間売買

    相談内容

    独身の妹が急逝し、お姉さんがそのマンションを相続。お姉さんのところには成人した娘が居て、その娘にちょうど良いとのことで相続したマンションを譲ることになりました。その際の問題は税金。贈与すれば当然ながら多額の贈与税がかかります。また、売買契約にするとしても、いくらにすれば適正なのかがわかりません。どのように娘に相続したマンションを引き継げば一番良いのか、総合的に判断をしてもらいたいとのことで相談を受けました。

    解決策

    相談者であるお姉さんも娘からお金が欲しいわけではありません。ただ、税金として多額のお金を支払うのはもったいないと考えていました。そこで、相続税の評価額相当で不動産売買契約を結び、住宅ローンを使用して低金利下での住宅ローン控除を活用することを提案しました。お姉さんとしても、娘さんの自立を促すためにある程度住宅ローンを組ませるのは良いのではと納得してくれました。今後は、贈与税の基礎控除の枠を使って、お姉さんから娘さんへ便宜をはかります。実質的に無駄なく相続したマンションを引き継がせることができ、とても満足してもらえました。

    AdobeStock_216066923
  • 相続した不動産を一括で高値売却

    相談内容

    老人ホームに入居していた親が亡くなった後に姉もすぐに亡くなくなりました。姉は親のお世話のために同じマンション内に物件を購入していたため、相続した不動産は同一マンション内の2区画。相談者は仕事で海外に出ることも多く、あまり時間をかけることが出来ないので、まとめて手早く不動産売却できる方法で、処分をしたいとのご希望でした。駅からは離れたマンションで、現在売却に出ている区画も多く、どのようにするのが一番よいのか教えて欲しいとのことでした。

    解決策

    まず、不動産の相場を調べたところ、売却物件の数も多く、売却された事例の占有面積の平米単価もどんどんと下がっているマンションでした。親が住んでいた区画は室内でタバコを吸っていたので大幅なリフォームが必要でしたが、仮に大幅にリフォームをしてもそれ以上の高く売却できそうもありません。そこでリノベーションをして再販している不動産業者に2区画を一括で買取してもらうように交渉をしました。買取業者にしても、仕入れの手間を考えると一括購入は良い話だったので、一つ一つ売却する当初の金額よりも高値で売却をすることができました。相談者には手間もかからず、売却の金額も高かったのでとても喜ばれました。

    AdobeStock_282526384
  • 未接道でどうしようもない土地が大きな財産に

    相談内容

    20年以上も前に相続で引き継いだ駅近の土地。建築基準法上の接道義務を満たしていません。隣地からの使用承諾や道路部分の譲渡も本家と分家の感情的なもつれから全く期待できず、活用方法もないためそのまま放置されていました。所有者である相談者も高齢となり、自分の相続が起こる前に何とか処分をして、子供達にはこのトラブルを引き継がせたくないと強く思うものの、何をどうしたら良いのか全くわからずに困っていました。

    解決策

    まずは、隣地所有者との感情的な部分をなんとかほぐして、接道できないかと、何度も何度も相手方と話をしました。しかし、結果としては解決できませんでした。その土地は道路には接していないものの線路と接していました。そこで線路の敷地の所有者である鉄道会社に購入してもらえないかと話をしました。現状、線路の保管場所や資材置き場として活用し、将来的には隣地の方々と話し合いで接道義務を満たせれば分譲地として大きく化けることを丁寧に説明しました。本社からのOKが出て売却となりました。相談者からはどうしようもない土地が大きなお金になり、トラブルも回避できたのでとても満足して頂きました。

    AdobeStock_87903200
  • 家庭菜園を投資用物件として高値で売却

    相談内容

    亡き夫が家庭菜園として利用していた調整の土地を売却したいと奥様から相談を受けました。奥様は、自分は家庭菜園をやるつもりもないし、今は荒れ地で周りからもクレームがくる事もありその土地自体の存在自体がとてもストレスとのこと。相談者としては、小さくて建物の立たない辺鄙な場所にある土地をお金を出してまで買う人がいるのかどうか疑問とのことでした。そうは言っても、夫が購入した時の金額くらいでなんとか売りたいとの希望もお持ちでした。

    解決策

    実際、家庭菜園として売却をするなら、購入する人が限定され、さらに価格も大きく下がることになります。ご相談頂いた土地は乗用車が通れる道に接道していたので、家庭菜園としてではなく、資材置場用の貸地として売却することを提案しました。周辺で資材置き場として貸している事例があったので、その事例から賃料を査定しました。家庭菜園ではなく、投資用不動産として売却することで、購入する人のマーケットを広げ、価格を引き上げることに成功しました。結果として、投資用ワンルームを探していたお客様に、投資用の事業用地として購入してもらいました。相談者からは、思ったよりもはるかに高く売却できたのでとても感謝されました。

    AdobeStock_364710469
  • 近隣とトラブルがある土地を売却して老人ホームへ入居

    相談内容

    持ち家を売却して老人ホームへ入居したいと90代の独居男性から相談を受けました。まだまだ一人暮らしは可能であるものの、近い将来、体が不自由になり、その時に動けなくなっているだろうから、事前に終のすみかを見つけておきたいとのことでした。対象不動産は平坦な整形地であるものの、43条但書道路の私道に接道しており、通行・掘削の覚書及び測量の立会い印を隣人からもらわなければなりません。実は、ある隣人とトラブルがあり、その人とは一切関わらないように売却をしてもらいたいとのことでした。

    解決策

    トラブルのこともあり、早期の引っ越しをご希望でしたので、売却先としては不動産買取業者を選びました。しかし、買取業者への不動産売却では、通常、確定測量図や通行・掘削の覚書が必須になります。事前に近隣トラブルの話を伝えた上で、仮に隣地の承諾が取れなかった場合でも買い取ってもらえるように、交渉を行いました。最悪、隣地の印がもらえなくても、価格次第で話が進むことを内諾してもらいました。トラブルになっている隣人と粘り強く話をして、なんとか測量の隣地立会い印及び覚書への署名捺印をもらうことができました。相談者と隣人は一度も顔を合わせることなく売却が成立したので本当に感謝されました。

    AdobeStock_323103179
< 1 2 >