そのチラシ本当ですか?「不動産チラシの真実」〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

query_builder 2021/11/22
役立ち情報
ブログ_マンションを買いたいのサムネ

 今回は、不動産を売たいと思ている人ががよくひっかかる、不動産のチラシについて、真実をお伝えします。


不動産のチラシであなたの不動産を買いたいお客様がいます」といったものがよくあります。売却案件を募集するチラシです。売却を検討しているお客さんからはこれって本当ですかと聞かれることがよくあります。人によっては、本当かと思ってそのチラシを出している不動産業者に電話をしてしまったりします。でも、チラシを見てすぐに電話するのは絶対にやめて下さい。


正直なところ、そういったチラシで本当に買いたいというお客様がいるかと言うと、まずいません。不動産業者が使う営業トークでしかないので、無視するのが正解です。


どうしても気になるのであれば、まずは、インターネットの不動産ポータルサイトで似たような物件がないのかを調べて下さい。例えば、マンションの売却を検討していて、そのマンションを買いたいというお客様がいますといったチラシが入っていた場合。原則無視ですが、どうしても気になるのであれば、チラシに電話する前に、同じマンション内で売却されている物件があるかどうかを調べてみて下さい。


仮に、同じマンション内で売却されている物件があるあれば、そのチラシはウソをついています。なぜなら、どうしてもそのマンションを欲しいお客様がいるのであれば、同じマンション内で出ているその物件を購入するからです。


仮に本当に欲しいと思っている人がいたとしても、今出ている物件の条件では満足しないからその物件を買わないのです。つまり、現在出ている売却中の物件よりも悪い条件で売却してもかまわないのであれば、それでも良いかもしれません。しかし、通常、それでは嫌だと思います。マンションは、同じマンション内で売却中があるかどうかで簡単に判断できますが、実は、土地や戸建ても同じです。そのエリアで似たような物件が売りに出ていると思います。その条件よりも悪く売りたいのであれば、チラシに電話をかけて下さい。


個人的には「あなたの不動産を買いたい人がいます」系のチラシを作成する不動産業者には売却を依頼しない方がよいと思います。なぜなら、そう言う業者は、嘘を言ってもなんでも集客さえできれば良いと思っているからです。今の時代、かなり強引な業者です。ひどい業者になると、チラシの表面が販売中のマンションの販売図面、裏面がそのマンションを欲しがっているお客様がいます系のチラシだったりします。本当にお客様がいるのであれば、まずそのお客様に販売中の物件を紹介すれば良いだけの話です。


この手のチラシは、大手の不動産仲介業者でも見かけることがあります。仮に大手仲介業者に依頼するとしても、その手のチラシをばら撒いている担当者には依頼をしない方が賢明だと思います。そう言った、お粗末な業者、お粗末な担当者と付き合うと、お粗末なチラシにあなたの大切な物件が掲載され、あなたの物件までお粗末に取り扱われてしまうので、十分に注意して下さい。


それでは、今日のまとめです。「あなたの不動産を買いたい人がいます」系のチラシは原則無視。むしろ、強引な業者と付き合うことのリスクが大きいので、関わらないようにしましょう。どうしても気になるのであれば、不動産ポータルサイトで売却中の物件があるかないかを調べてみて下さい。その上で、その業者のこともしっかりと調べて、匿名で連絡をすることをおすすめします。


それでは、あなたの不動産売却が絶対に成功しますように。

NEW

  • 不動産を売る時に測量って必要なの?〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/12/01
  • そのチラシ本当ですか?「不動産チラシの真実」〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/11/22
  • 不動産を売却する前に確認しておかなければならないこと〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/11/15
  • 不動産売却でいついくらになるのか確実に分かる方法〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/11/08
  • 不動産買取額を100万円アップさせる秘密は○○○だった!〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE