ついに来た!不動産購入申込書で何を確認する!?買付の確認〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

query_builder 2021/10/04
役立ち情報
ブログ_買付の確認

不動産を売却していて、ついに購入の申込が・・・

そのとき、あなたは何を確認しなければならないか知っていますか?


不動産の購入申込書は、不動産業界でよく「買付」と言われます。買付とは購入を検討している人が実際に買いたいと意思表示をする書面です。買付けには、買主、購入金額、契約日、引渡し日、住宅ローンの有無、その他いろいろな条件等が書かれています。買付けは、あくまでも買主の希望条件です。その条件をのむかのまないかは、売主の問題です。売主として気に入らなけばその買付を断ればよいだけです。


それでは買付けの何を確認すれば良いのでしょうか?


一つ目は、価格です。指値と言って、値引きの交渉が入っている場合があります。その金額で良いのかどうかを売主として判断しなければなりません。


二つ目は、引き渡しの時期です。引渡しまでに時間が必要な場合があります。例えば、隣地の人が遠方で測量に時間がかかりそうだったり、住み替え先を決めるための時間が必要だったり、相続人全員の書類の取得がいつになるか分からなかったりと、不確実な要素が大きい時は、引渡し時期が確実に間に合うかどうかを確認しなければなりません。


三つ目は、買主が住宅ローンを使うのかどうかです。住宅ローンを使うのであれば、住宅ローンの事前承認が得られているのかどうかを聞いてみてください。


残りは、契約不適合責任を含む、それ以外の取引き条件です。確定測量が必須かどうか、隣地との覚書等が必要かどうか、エアコンの取り外しや残置物の撤去をどこまでやるのかなどなど、細かい条件をどこまでこちらが飲めるのか確認します。


最終的には、どういった条件で買付を受けるかはどうかは、あくまでも売主の判断です。価格が思ったより安くても、その他の条件を全て考慮すると、むしろこちらにとって有利な場合もあります。総合的に納得できるか、できないかで、売主としては最終判断を下します。


最後に一つ、お得なアドバイスです。


もし、買付で値引き交渉が入ったならば、売主として絶好のチャンスだと思ってください。ある程度の値引きを売主が了承すると引き換えに、契約不適合責任を免責にしてもらうことをお勧めします。契約不適合責任とは、購入した不動産で何らかの不具合等があった場合に売主が負担しなければならない責任のことです。不具合とは、雨漏りや、シロアリの害、給排水管の詰まりなど、仮にあったとすれば、大きな問題になりがちです。ちょっとの値引きに応じることで、その責任を逃れることができるのであれば、売主としてはそれほど安心なものはありません。


それでは、まとめです。 買付が入った場合には、値段だけでなく、総合的に条件を確認して、その買付を受けるかどうかを判断してみてください。仮に価格交渉が入り、それに応じるのであれば、応じる代わりに契約不適合責任を免責にもっていくのが良いと思います。


あなたの不動産売却が絶対に成功しますように。

NEW

  • 不動産売買契約後の作業〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/10/18
  • 契約の時に気をつけること!(不動産売買契約での注意事項)〜横浜不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/10/11
  • ついに来た!不動産購入申込書で何を確認する!?買付の確認〜横浜の不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/10/04
  • ほっといちゃダメ!不動産業者の売却活動をチェック!〜横浜不動産売却で役立つこと〜

    query_builder 2021/09/27
  • その媒介契約で不動産の売却をお願いして本当にいいの!?(不動産売却の際の媒介契約の選び方)〜横浜...

    query_builder 2021/09/20

CATEGORY

ARCHIVE